【マルチの仕組み】マルチ商法(MLM)とネズミ講(無限連鎖講)の違いを徹底解説

ビジネス
  • マルチは合法なのか、違法なのか?
  • マルチはどのような仕組みでお金が入ってくるのか?
  • マルチで活躍している人の特徴はどんな人?

本記事では、このような疑問に答えています。

 

人生に光を!ヘルメスLIFEへようこそ

今はコロナの状況でもマルチの勧誘は前より増して活発になってきています。

マルチ商法のイメージといえば「なんか怖い」「怪しい」「詐欺かな」

こういった声を良く聞きますよね。

そういったイメージがあるのも無理はないですし、実際に悪徳マルチなんかもあります。

そういったイメージに対して今回はマルチ商法の正しい知識を多くの書籍を参考にお伝えします。

今回はこの3点に着目して教えます

  • マルチ商法は合法なのか?
  • マルチ商法の仕組みとは?
  • マルチ商法の向いている人の特徴
本文の内容
  • マルチ商法とネズミ講の違いをまとめました
  • 収入源はどのようになっているのかをまとめました
  • マルチ商法の稼いでいる人の特徴を教えます

マルチ商法のビジネススタイルを知ることにより、

「この企業は詐欺なのか」「正しい方法で行っているのか」と見分けが付くようになり、詐欺の対策にもなります。

是非参考までに最後まで見てください

スポンサーリンク

マルチ商法は合法なのか

結論から話すと、ルチ商法は合法ですがネズミ講や悪徳マルチは違法です

その違いをお伝えします

日本におけるマルチ商法は「特定商取引に関する法律」の第33条で定めている「連鎖販売取引」に該当するビジネスモデルです。

つまり、マルチ商法は法律にのって活動しているビジネスであり、大手企業も数多く参入しています。

しかし、マルチ商法に関わっていて

「それってネズミ講じゃないの?」「マルチって違法でしょ?」など言われることは間違いありません。

なぜなら、このビジネスを”ネズミ講”や”悪徳マルチ”と誤解している人は、いまだに多くいるからです。

では、ネズミ講や悪徳マルチとは一体どのようなものなのか?

ネズミ講とは?

ネズミ講とは、商品が存在せず、お金だけがやり取りされる金星配当組織のことです

入会すると、主権会社に多額のお金を払うことになりますが、このお金が上位会員への配分金として使われています

つまり、下位会員から集められたお金が、上位会員へ配分される仕組みになっています

だから、ネズミ講の利益は、お金を払ってくれる人を組織に勧誘して、自分が支払った主資金を回収できることになります

ネズミ講は新しい会員が入ってこないことには利益が上がらず上位会員と金銭配当がストップしてしまうため

この仕組みを存続するには、新規会員が無限に増え続けることが必須条件となります

これが、ネズミ講の正式名称無限連鎖講の名前の由来です

日本では「無限連鎖講防止法」という法律によって禁止しているため、参加した人は法的に罰せられます

悪徳マルチとは?

悪徳マルチとはどのようなものなのかを説明していきます。

マルチ商法以外にも詐欺を働いている人は多くいるでしょう。

例えば「悪徳医師」や「悪徳弁護士」など。

どんな合法の商売でも「悪徳」があることに問題があるのです

悪徳マルチは「連鎖販売取引」に違反している悪質な企業です

一番問題なのは「不実の告知」です

例えば「今やれば儲かるよ」「必ず儲かるよ」など

事実と異なることを伝え勧誘する手段です。

要するに利益のために相手を騙す詐欺行為です。

車を運転するにも、道路交通法を守る義務があるように、マルチ商法も法律に乗って活動を行えば」何も問題はないのです

マルチ商法の仕組みとは

マルチ商法の仕組みを知るために二つのことに焦点を当てて説明します

  1. 組織がピラミット形態
  2. 関わる人が増えることで収入になる

このように伝えると悪いイメージしか持たないと思うので例えてお伝えします。

組織がピラミット形態

考えてみれば、一般企業も世の中の組織は全てピラミッドです。

例えば、会社のトップに社長がいてその下に、役員→部長→課長→主任→社員と続いていくように

組織は全てピラミット状に広がっています

その中で、一番収入が入るのは社長のように組織は上に上がれば上がるほど儲かっていく仕組みになっているのです

「上が儲かる」という点で話すとマルチ商法はむしろ逆といます。

健全なマルチ商法の会社には”収入の逆転”が存在します

これは自分が大きな組織さえ作れば、自分より先に始めた人より、大きく利益をあげることができます

つまり、完全な「成果報酬型」といえます

関わる人が増えることで収入になる

ここも考えてみれば、英会話教室やダンス教室も学校法人も、全て生徒が増えることで収入が増える構造になっています

関わることで利益が上がるビジネススタイルは「顧客の創造」と「利益の確保」です

すなわち「お客さんを増やす」ことで「利益を上げて存続する」のです

マルチ商法に向いている人の特徴

マルチ商法に向いている人はこの3つに限ります

  • リーダーシップがある人
  • お話しが上手な人
  • メンタルの強い人

リーダーシップがある人は、学校のクラスでもおそらく人気者だったでしょう。

それは人脈があることであり、その人脈はマルチ商法に成功するために必要です。

お話しが上手な人は、企業の説明が間違いなく伝えられ相手を惹きつける言葉を選んで上手に伝えられる人です。

学校の先生なんかでも、聞いていて眠くなる人とかいますよね。

そういう人はあまり向かないかもです

そして、マルチ商法はなんといっても打たれ強さです

勧誘しても、何度も断られ、友達やあらゆる人から非難の声を浴びます。

だからこそ、メンタルの弱い人はすぐ心が折れてしまいやめてしまいます

この3つの要素がある人はマルチ商法に向いているといって間違い無いでしょう。

私自身は、マルチ商法を否定はしていませんが、やるからには生半可な覚悟ではできないビジネスです。

人によっては、今ある人脈を捨ててマルチ商法に挑戦して輝いている人もいます。

あなたももし挑戦する覚悟があるのなら、全てを失う覚悟をもった方がいいかもしれません。

おわりに

世の中には、さまざまなビジネスモデルがあり多くの若者は挑戦しています。

ですが、このマルチは通常の生活をしていてもどこかしらで声がかかることが多いです。

ですので、参入しやすいビジネスですが、先ほども申した通り騙しのテクニックを使う人もネズミ講なんかも実際にあるので気をつけなければならないところです。

別の記事でマルチのデメリットについて詳しく解説しているのでご覧ください。

【マルチ商法のデメリット】マルチ商法をするか迷っているあなたに!マルチのデメリットを全て教えます
マルチ商法では、どんなデメリットがあるのか? マルチ商法で、確実に失うものはなにか? マルチ商法では、なぜ不幸になる人が多いのか? この記事では、このような疑問に答えています。 勧誘怖いな...

ここまで読んでくださってありがとうございます

あなたの人生に光を!ではまた

コメント

タイトルとURLをコピーしました