【怪獣8号】この漫画は見てほしい!!圧倒的な面白さから少年ジャンプで人気獲得中の話題作!怪獣8号の面白さを伝えます!

エンタメ
  • どんな漫画なのか?
  • 本当に面白いのか?

本記事では、このような疑問に答えています。

 

人生に光を!ヘルメスLIFEへようこそ。

漫画の面白さは日本の誇りですよね。

私はこれまで数々の漫画を読んできましたが、これほど面白い漫画は久しぶりに出会いました。

その漫画の名前は「怪獣8号」です。

まだ読んでない方はすぐに読むべきですが、本当に面白いか少し不安ですよね。

2020年7月から少年ジャンプで連載していますので、そこまで進んでいるってわけではないです。

今から読んでも全然追いつけます。

子供から大人までが面白い!!って思う漫画ですので、ぜひ手に取ってほしい名作です。

スポンサーリンク

怪獣8号のあらすじ

世界の災害はほとんど怪獣によって起こっている世の中で、日本はその中でも怪獣大国と言われています。

しかし、人類は怪獣に対抗すべく、「日本防衛隊」という組織を設立し、なんとか秩序が保たれております。

怪獣を討伐してくれる「日本防衛隊」は民衆のヒーローのような存在です。

そんな中、主人公「日比野カフカ(32歳)」は、何をしてるかというと、民衆のヒーローではなく、討伐された怪獣の後処理を行う清掃員です。笑

しかし、主人公はいつか「日本防衛隊」なりたいと夢見ていましたが、そんな力はありません。

主人公は、幼い頃に幼馴染である亞白ミナとともに「怪獣を全滅させよう」と約束していたのですが、それが叶わず、幼馴染の亜白ミナだけが、「日本防衛隊」の英雄になり、主人公はそれを外から見る惨めな生活を送っていました。

いつか「日本防衛隊」に入りたいと思う主人公でしたがある悲劇が起こってしまいます。

それは、主人公が怪獣になってしまったのです。

主人公が変身する怪獣はどんな怪獣よりも圧倒的な強さでありますが、その姿は「防衛隊」から狙われる立場。

そんな中で「防衛隊」の試験には奇跡的に合格するのですが、自分が怪獣であることを隠しながら、世界の平和を守っていくのが怪獣8号のざっくりとしたあらすじです。

怪獣になった主人公は、意識は本人のままみたいなので、見た目は醜いものの圧倒的な強さになります。

怪獣の姿なら、どんな敵が来ても負け話ですが、防衛隊の人に知られると、どんなことになるかわかりませんね。

実験台に使われるとか。

だからこそ隠す必要があるのです。

これからの展開がめちゃくちゃ楽しみなので、気になった方は読んでみて下さいね。

 

無料で多くのコンテンツを楽しめる「まんが王国」がオススメです。是非お試しでご利用ください↓↓



怪獣8号の面白さと私の感想

私から言わせると、見ない理由がないほど面白すぎるのですが、これじゃ一方的すぎるので面白くしている要素をまとめてみます。

  • 主人公のキャラ
  • 王道バトル漫画系のストーリー
  • 絵のセンス
  • 仲間との関係性

思い浮かべる感じは、ざっとこんなもんです。

内容は難しくないですし、めちゃくちゃ読みやすいです。

しかも、ダラダラとした展開がないので、さらっと読めてしまいます。

バトル漫画なので、文字数もそんなになくて、気がつけば1巻が終わってるって感じですね。

主人公は、少しコメディー要素を含んだキャラになっているので、笑えるポイントもいくつかあります。

あと、なんと言っても熱い男です。

情熱を貫き通すっていう感じなので、読者も熱くなること間違いなしです。

あと漫画のデザインは普通にいいと思います。

読みやすいのは、漫画のデザインがいいからかもしれません。

人によっては賛否両論みたいなのですが、私はこういう絵は好きです。

怪獣の絵は少し独特ではありますが、見てていろんな種類の怪獣が観れるのは、楽しめるポイントだと思います。

最後に注目するのは、仲間との関係性です。

主人公が怪獣であることは信頼できる仲間しか知りませんが、その仲間とのやり取りも見所です。

共に、「防衛隊」に入り、怪獣を倒すために日々特訓を続けていますが、基本助けてくれるのは、主人公です。

その助けるシーンも、かっこいいですね。

私の感想を読んで面白そうと思っていただけることを望んでいます。

おわりに

怪獣8号の紹介はどうでしたか?

女性受けはしなさそうではありますが、男性は間違いなくハマってしまう漫画ですね。

私は、いろんな友達にこの漫画を勧めて、みんな面白い!って言ってくれています。

ですので、今この本文を見終えた方も面白いって思うのは間違いないと思います。

時間が空いた時にぜひ観て下さい。

あなたの人生に光を!ではまた

コメント

タイトルとURLをコピーしました