【ネタバレなし】最高の韓国ドラマは『愛の不時着』!!絶対号泣する「愛の不時着」について「あらすじ」と「感想」を伝えます

エンタメ
  • 愛の不時着ってどんなドラマ?
  • 見た人の感想を聞きたい!

この記事では、このような疑問に答えています。

 

人生に光を!ヘルメスLIFEへようこそ。

韓国ドラマで絶大な人気を誇る「愛の不時着」ですが、韓国ドラマに少し抵抗のある方や本当に面白いのか心配になる方もいると思います。

私も韓国ドラマに少し抵抗あったのですが「愛の不時着」などを見て韓国の印象がガラッと変わりました。

それくらいオススメしたいドラマなので、この記事では「愛の不時着」のあらすじと感想をお伝えしたいと思います。

それでは早速いきましょ!

スポンサーリンク

『愛の不時着』のあらすじと見どころ

あらすじ

「愛の不時着」は韓国で2019年12月〜2020年2月まで放送された韓国ドラマです。

主人公は、韓国の財閥令嬢であるユン・セリで、自ら「セリーズチョイス」を立ち上げ大成功した超金持ちの物語です。お金だけでなく地位や名誉を手に入れ、クィーングループの会長である父親からも後継者を任命されるなど、不足のない最高の人生を送っていました。

しかし、自分自身が手がけるパラグライダーをテストしている最中にアクシデントが発生します。パラグライダー中に突然竜巻が発生し、気が付けば北朝鮮に不時着ことにより物語が始まります。

北朝鮮に不時着後、混乱状態になっているユン・セリですが、北朝鮮の将校リ・ジョンヒョクに見つかりさらにパニックになり「なんとしてでも韓国に戻らなければ」と必死になって北朝鮮の将校から逃げようとします。

しかし、韓国に戻るどころか辿り着いたのは北朝鮮の小さな村!なんとか生き延びるために、自身の存在を隠して生きるのですが、さらにアクシデントに見舞われていきます。

そこで、助けてくれるのが先程の将校リ・ジョンヒョク!

リ・ジョンヒョクはどうしたら彼女を韓国に帰らせることができるのかを必死に考えてくれるのですがなかなかうまいこといきません。そのアクシデントの数々とユン・セリとリ・ジョンヒョクの関係が深まっていく物語です。

見どころ

本作がなぜ多くの人の心を捉えたのかはいくつか理由があります。

  • 恋の切なさ
  • 魅力に溢れるキャラクター
  • コメディー要素
  • 脇役の切ない恋愛

人によって「ここが面白い」と言うのは異なるかもしれませんが、間違いなくこの4つが作品を面白くしています。

時代背景では、北朝鮮も韓国も未だ戦争中で軍事境界線によって土地を分けられています。韓国の人が北朝鮮に不時着することは、もはやスパイにしか見えません。

北朝鮮の軍からスパイだと思われるユン・セリと恋をしてしまったリ・ジョンヒョクもその恋愛がバレたら終わりです。

そんな叶わぬ恋が感動を惹きつけます。本作は、何回泣けるか分からないくらい号泣してしまいました。

物語には、魅力的なキャラクターが何人も登場します。代表としてあげられるのは、リ・ジョンヒョクの4人の部下たち。

彼らの存在が作品をより面白くしており、コメディー要素もたっぷり含まれます。

そして、メインの恋愛だけでなくサブストーリの恋愛も光っています。ネタバレはなしですが、見てみると感動すること間違いなしです。

感想

日本ではなかなか作れない設定なので、すごく魅力的な作品だと感じました。

16話構成で1話に1時間半もかかり、人によっては「長すぎ!」と感じてしまいますがその1話1話が充実しているため、あっという間に見終わってしまいます。

あと、私が個人的に見どころを感じているのは、「北朝鮮」と「韓国」の経済格差です。北朝鮮のなかなか知ることのできない一面が描かれているので、そこも面白いなって思いました。

恋愛もありコメディー要素もあり、さらに学びもある作品なので私は人にオススメできる一作だと感じます。

まだ見られてない方は是非見てください!

おわりに

『愛の不時着』の配信は、Netflixでされています。

韓国ドラマや恋愛ドラマをお探しの方は、まだオススメの作品があるのでそちらもご覧ください。リンクは貼っておきます。

【梨泰院クラス】これを見とけば間違いなし!ネタバレなしで梨泰院クラスのあらすじと見所を徹底解説
人生に光を!ヘルメスLIFEへようこそ。 夏休みなのに自粛生活は退屈ですよね。 そんな時は、韓国ドラマ1推しの梨泰院クラスを見ることをオススメします。 韓国どころか、日本中でも話題作となったのですが、まだ見ていない方は絶対...

韓国ドラマは、まだまだ面白い作品がありますので何かオススメな作品があればブログで紹介していこうと思います。

あなたの人生に光を!ではまた

コメント

タイトルとURLをコピーしました