熟睡をしたい人は買うべき!コアラ・マットレスの良い点と悪い点を徹底解説

URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • 熟睡するために、なぜ良いマットレスを選ぶ必要があるのか?
  • マットレスを決める判断基準はなに?
  • ”コアラ・マットレス”を選ぶべき理由はなに?

本記事では、このような疑問に答えています。

 

人生に光を!ヘルメスLIFEへようこそ。

朝目覚めても、仕事の疲れがまだ残っている

目覚ましでなかなか起き上がれない

このようなことで悩まされている方は、良い睡眠を取れていません。

良質な睡眠は、日中のパフォーマンスを上げるために必要不可欠なことなのに、適当に枕やマットレスを選んでいる人が多いですよね。

私の感想としては、「とてももったいないな」って思っています。

しかし、良質な睡眠を得たいけど「どんなマットレスを買ったらいいかわからない」というあなたのために、

本記事では、マットレスを決める判断基準と、私がガチでオススメする”コアラ・マットレス”の良い点と悪い点について解説しようと思います。

良いマットレスを買うべき理由

あなたは1日に何時間睡眠しますか?

7時間〜8時間の睡眠を心がけている人なら人生の3分1はマットレスの上で過ごすわけですよね。

つまり、良いマットレスを使わない人は、人生の3分1は損をしていることになります。

それだけではありません。睡眠の質は、仕事の集中力も変わりそれが結果に影響して周りの評価や昇進にも関わってきますよね。

良質な睡眠は、まわりまわってあなたの人生を大きく変えられるきっかけになるのです。

 

◉良いマットレスに変えるだけで、

  • 寝付きの良さ
  • 寝返りの打ちやすさ

には特に影響してきます。

友人でマットレスを変えるだけで睡眠の質が大きく変わり、仕事にも成果が出たと言っている人がいました。

少しでも睡眠の質を上げたいという方は、マットレスに投資してはどうでしょうか?

マットレスの種類

  • 自分に合ったマットレスがわからない
  • マットレスって何を基準に選べばいいの?

そう思う方は多いと感じます。そんなあなたのために、

ここでは、カンタンにマットレスの種類と選ぶ基準をご説明したいと感じます。

その① バネでできたマットレス

マットレスの中には、バネでできたやつとバネでないものがあります。

バネでできたマットレスは、

  • ボンネルコイル
  • ポケットコイル

の二種類があります。

ボンネルコイルとは?

ボンネルコイルの構造

大きなバネが特徴で間隔を空けて並べたコイルをワイヤーで縦横に連結し、一つにしたものがボンネルコイルです。

ボンネルコイルを使ったマットレスは、体圧を「面」で支えるので、体が沈まないのです。

さらに、コイルが露出した状態で連結されているため、通気性に優れています

ボンネルコイルの特徴

ボンネルコイルのマットレスは弾力が強いために、硬めの寝心地なんです。

コイルが一体化しているので、丈夫で耐久性に優れているため”大柄な男性”にオススメといわれています。

ただし、コイルの質やクッション層の厚みによってはヘタリが早くなるため、マットレスの品質には注意が必要です。

ボンネルコイルのメリット
  • 通気性・耐久性に優れている
  • カビが発生しにくい
  • 価格が安い
ボンネルコイルのデメリット
  • 振動が伝わりやすい

ポケットコイルとは?

ポケットコイルの構造

スプリング層にポケットコイルを敷きつめたマットレスです。

からだを「点」で支えるため、体圧分散性が高いです。

ポケットコイルの特徴

ポケットコイルのマットレスは、寝心地が柔らかめです。

コイルが独立しているので、体圧がかかるコイルは自由に形を変え、からだにフィットするのです。

ウエストラインのくびれにもフィットして、立っているときに近い姿勢を保ってくれるので、女性に好まれるマットレスともいわれています。

ポケットコイルのメリット
  • 振動が伝わりにくい
  • 体にフィットする
  • 良質な睡眠がとりやすい
ポケットコイルのデメリット
  • 価格が高め

 

私の中では、迷ったら”ポケットコイル”を購入した方が良いと感じます。

価格は少し高いのですが、睡眠の質は上がりますし満足感は高いです。

 

バネでできたマットレスは種類あることが分かりましたね。

次にバネでないマットレスをご紹介していきたいと感じます。

②バネではないマットレス

  • 低反発ウレタン
  • 高反発ウレタン
  • ファイバー
  • ラテックス

バネでないマットレスはこの4種類あります。

高反発ウレタンとは?

高反発マットレスは、沈み込まずに跳ね返す力が強いもので、その高い反発力が高反発マットレスの良いところです
高反発マットレスは、その反発力が高いことによって寝たときに体があまり沈み込まず、寝返りが打ちやすいのが特徴です。

低反発ウレタンとは?

低反発マットレスは、柔らかいことで体が沈み込むので、体にフィットするような感覚で心地良さを感じるのが特徴的なマットレスです。

高反発ウレタン 低反発ウレタン
メリット 自然な寝る姿勢が保てる 包まれる感じが心地よい・体を圧迫しない
デメリット 通気性が悪い 硬さが変わる・通気性が悪い・柔らかすぎる
オススメできる人 腰痛持ちの人・硬めが好きな人 柔らかい寝心地が好きな人

ファイバーとラテックスに関しては使っている人はそこまで見ないのですが、気になる方はこちらの記事をどうぞ。↓

https://kaimin-times.com/blog/mattress-types-5082

マットレスを選ぶ6つのポイント

  1. 硬さ
  2. 揺れ
  3. 通気性
  4. 返品対応
  5. 価格

マットレスを選ぶには硬さは柔らかめ良いのか、揺れはどんなものか、人によってお好みは違うと思いますが、

私が色々試した結果、全人類にオススメしたいマットレスを見つけました。

 

◉それが”コアラ・マットレス”です。

なぜ、コアラ・マットレスが良いのか?

コアラ・マットレスの会社koalaはオーストラリアの会社です。

創業からわずか2年でオーストラリアNO.1ののマットレスブランドへ急成長しています。

コアラマットレスは、先ほどお伝えした「マットレスを選ぶ6つのポイント」を全て高く評価できます。

①硬さ

柔らかすぎず、硬すぎないです。寝返りも打ちやすく理想的な姿勢を保つことができています。

構造が考え抜かれているなと私は思いました。

コアラ・マットレスはウレタンの3層構造になっています。

◯一番上は、柔らかい低反発と程よい弾力の高反発を組み合わせた独自素材を使用してます。

寝転ぶとわかるのですが、沈み込みすぎずに適切にフィットするので、どの部位にも偏った負担はかかりません。

◯中心部は、衝撃をバランスよくクッションする役割をはたしています。

◯一番下は、寝返りを打ちやすい高反発素材になっています。

まさに低反発ウレタンと高反発ウレタンの良いところを取り入れたと言えるでしょう。

②揺れ

揺れに関しては、CMとかでもやっていましたよね。

一番のポイントではないのかな?って私は思っています。

ワイングラスを置いて周りで暴れても、ワインが全くこぼれないというあの衝撃のCM。

一緒に寝ている相手が寝返りをうったとしても、それに気付かず朝までぐっすりと眠ることができるのです。

聞く話によれば、koalaさんが独自に開発した振動が伝わらない技術を使っているのです。

③音

コアラ・マットレスはウレタン素材を使っているので音は全くしませんのでご安心ください。

④通気性

ウレタンの弱点といえば、通気性だったのですが、koalaさんは独自に開発した素材で通気性が抜群になったのです。

私も毎日寝ているので感じるのですが、蒸れを感じたことはありません。

⑤返品対応

120日間のお試し期間を設けており、満足いただけない方は返品できるのです。

自分に合ったマットレスかどうかは1ヶ月寝て見ないとわからないので、その点はkoalaさんはとても親切ですよね。

⑥価格

ここが一番気になるところですよね。

◉シングルサイズ→72000円

ぶっちゃけ高いと思いましたよね。ですが、私は思います。それだけのお金を払ってでも買うべき商品だと!

価値としては値段を上回っています。

https://koala.com/ja-jp/koala-mattress-range?gclid=CjwKCAiA6Y2QBhAtEiwAGHybPck5uYeObJFsh21i6O9ljbgvRzZxnxZqJN3OymGQvpvwdc8BidA5-RoCWqUQAvD_BwE&gclsrc=aw.ds

正直「それでも高くて買えないや」って方のために中古品のリンクも貼っておきます。マットレスは肌に触れているわけでもないので中古品でも良いと私は感じていますよ。

 

 

おわりに

マットレスの選び方で悩んでいる方は多いと思います。

ですが、睡眠の質にこだわる人は、仕事の成果にも影響しますし、気分の良い朝を迎えられます。

あなたの睡眠んお質を良くするために、別の記事では安眠グッズをご紹介しています。

そちらも参考にしてください。

あなたの人生に光を!ではまた

こだわりno

こだわりのマットレス!こちらもオススメ!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA