仕事でミスが多い人に!研究で分かった仕事ができない3つの理由を徹底解説

ライフスタイル
  • なぜ、仕事でミスが多いのか?
  • なぜ、効率よく仕事が進められないのか?
  • 仕事ができるようになるためにはどうしたら良いのか?

本記事では、このような疑問に答えています。

 

人生に光を!ヘルメスLIFEへようこそ。

仕事に追われる毎日は楽しいですか?楽しくないですよね。

あなたの貴重な時間、家族や友人、恋人のために使える時間を仕事によって奪われている人は決して少なくありません。

そんな人生、死ぬ間際になって本当に良かったと思えるでしょうか?

あなたは仕事ができないわけではありません。仕事ができるようになるための大切なことを忘れて残業に苦しんでいるだけです。

本記事を見るだけであなたの仕事の効率が上がるのはもちろんのこと、貴重な時間が増えることは間違い無いです。

本記事では、あなたはなぜ仕事ができないのか、どんな習慣を心がければ改善できるのかをご説明したいと思います。

スポンサーリンク

仕事ができない3つの理由

長時間労働で脳の働きが低下している

人は、長く働くにつれて脳の機能が低下していっています。

ある研究では、男女7500人にアンケートを行ない、いつもどれくらい忙しくしているのかを調べた上で、認知テストの結果と比べました。

その結果は次のような事実です。

  • 週の労働時間が30時間を超えたところから、認知機能にマイナスの影響が出始める
  • 週の労働時間が60時間より多いと、普段全く働いていない人と同じくらい認知機能が下がる

私たちは、働きすぎると考える力を失い、ミスをする確率が高まってしまうのです。

研究チームの推定しているベストな労働時間は、女性は週22〜27時間の労働と男性は週25〜30時間の労働がベストだそうです。

日本の正社員のほとんどは、週の労働時間は30時間以上です。ですから、仕事ができる人はその時間をうまくサボり、認知機能を低下していないようにしているのです。

週30時間の基準をクリアできなければ、せめて自分にとって本当に大事な仕事などはリフレッシュできた休日明けや、週の前半、つまり労働時間30時間以内のところで処理をした方がいいのです。

さらに、労働時間と生産性で関する近年の研究でも、似たような報告がされています。

  • 週に35時間ずつ働く人は生産性が安定している
  • 週に60時間を超えて働く人は2週目から生産性が落ちていく

つまり、生産性を下げないで働き続けるには、いたずらに忙しくするのではなく、適切なストレスマネジメントを重視する方が先です。

ただただ働き続けるのはよくありません。働きすぎかなって思ったらあなたの健康のためにも、仕事で効率よく働くためにもリフレッシュは欠かさないようにしましょう。

※割引価格!リフレッシュに欠かせないアイテムをあなたに届けます!

細かい作業が多くて集中力が続かない

あなたの仕事は、1日にさまざまな作業を詰め込んでいませんか?それによって集中力が分散して一つの物事に集中できなくなってしまっているのです。

取引先とのトラブルを処理して、上司や部下と打ち合わせをして、何度も会議に参加して、お客さんの対応までするような1日のスケジュールでは、働き者のように見えますが一つひとつのパフォーマンスが落ちていることは確実です。

アメリカのミンガン州立大学による実験では、1日に違う種類の作業をいくつも行うと、それぞれのタスクを達成する確率は25%も下がったそうです。

いつくものジャンルの仕事を詰めこなくても、仕事中に携帯のアラームで集中力が途切れたり、こまめに携帯をチェックする人がいます。

研究では一回気がそれた集中を取り戻すのに15分もかかってしまうことがわかっています。

つまり、作業内容を1日にいくもの詰め込み、忙しくしている人は集中力が分散してパフォーマンスが落ち、その分うっかりミスや初歩的なミスも多くなってしまうのです。

そのせいで成果が上がらないまま終わってしまうのです。

働きすぎて体調を壊す

過労死という言葉もあるとおり、働き過ぎは健康にもよく無いことはわかっています。

ある調査では「忙しくしている人ほど病気にかかりやすく寿命が短い」との結果が出ています。

例えばイギリスのロンドン大学が行った研究では「忙しい人はどこまで病気にかかりやすいのか?」を調べました。その結果は、次のようになりました。

  • 週の労働時間が41〜48時間だと脳卒中のリスクが10%高くなる
  • 週の労働時間が55時間を超えると脳卒中リスクが33%高まり、心筋梗塞リスクは13%高くなる

忙しさや働き過ぎが体に悪いのは、仕事のストレスが大きいのに加えて、睡眠や運動が少なくなるからだと考えられています。

今の厚労省の基準では、月80時間を超える残業を過労死に設定していますが、実際はこのラインよりも手前の段階から、体は少しずつ壊れていっているのです。

 

※忙しいあなたに!あなたの栄養を整えてくれる最強サプリ

おわりに

忙しさや長時間労働により仕事の効率や脳機能の低下、さらに体調にもよく無いことがわかりました。

これらの要因が重なり仕事ができない人になってしまうのです。ですから、あなたがすべき対策は1つしかありません。

それは、できるだけ一人の時間を確保してリフレッシュをするということです。

労働時間をできるだけ短くすること、ここは最低条件です。

その余った時間は家族のためや大切な人のために時間を使い、なおかつ自分の時間も大切にすること。

そうすることで、あなたが持っている力をフルに発揮することができて仕事の生産性が上がり、効率よく仕事をこなせるようになり、結果として残業がなくなるわけです。

これが仕事ができる人がやっている習慣なのです。

あなたも働きすぎには注意をして、あなた自身の時間を大切にしてくだい。

あなたの人生に光を!ではまた

コメント

タイトルとURLをコピーしました