【最高の会話術】良い関係性を築きたいなら知ってほしい!仕事や恋愛で使える正しいコミュニケーションのとり方

ビジネス
  • いい人間関係を築くためのコミュニケーションとは何か?
  • 上手に話せるようになるにはどうしたらいいのか?
  • 好かれる人になるにはどんな会話をしたらいいのか?

この記事ではこのような疑問に答えています。

 

人生に光を!ヘルメスLIFEへようこそ。

人生を歩む上で、大半は人間関係で決まっていますよね。家族や友人や恋人と親密な関係を築き上げるために正しいコミュニケーションは必要です。

しかし、仕事でも恋愛でも正しいコミュニケーションが取れなければ、好かれるどころか全くいい人間関係が築けないですよね。

今からお伝えすることは、いい人間関係を築くために正しいコミュニケーションの取り方です。

本文の内容は以下のようにまとめています。

  • 会話する時の正しいコミュニケーションのとり方をまとめました

正しいコミュニケーションを取ることは難しいですが、会話の経験を重ねることでだんだんと上手になってきます。

営業や恋愛で好きな人をご飯に誘う時なども普段の会話で決まるものです。

今からお伝えすることをぜひ心がけてください。

スポンサーリンク

正しいコミュニケーションのとり方

誠実な関心を寄せる

会話する時にありがちなのは、頑張って自分をアピールする人がいます。しかし、逆の立場に考えてみたら聞いてもないのに自分の話をひたすらしてきたら、少し嫌な気持ちになりますよね。

だからこそ、最初に知ってもらうことは、自分自身が相手に関心を寄せることです。

これは、ひたすら聴き続けるということでもなければ、質問責めにすることでもありません。

相手が会話しやすい雰囲気を作り、質問をすることです。

例えば、

 

男:◯◯さんの休みの日は、よく外で遊びに行くの?それとも自宅で過ごすことが多いの?

女:私、ドラマとか映画が好きだから、よく家にいることが多いかな?洗濯物とか洗い物とかやることも多いしね。

男:そうなんだ。やることが多いのは大変だよね。俺も映画めっちゃ好きなんだけど、オススメな映画とかあれば教えてくれない?

女:最近見た映画だと〇〇がオススメかな?評価も良かったし絶対面白いと思う。

男:教えてくれてありがとう。今度感想教えるね。

 

こんな感じで、男の人が女の人に誠実な関心を寄せ、話しやすい雰囲気を作ってあげているのがわかります。

質問も漠然としたものではなく、相手が答えやすいように「外で遊びに行くの?それとも自宅で過ごすことが多いの?」というように二択から選ばせています。

単純にあなたのことを知りたい!ではなく、知るためにはどのような質問をすれば、相手の興味あることを引き出せるだろうか?と考える必要があるのです。

例文では、休日の話題から映画に興味があることを引き出しました。

興味を引き出せることができたら、あとは夢中で話してくれることが多いです。

あなたも、興味があることに関しては、夢中で話してしまいますよね。

相手が夢中になる話題と、話しやすくなる雰囲気づくりを心がけましょう。

それは、誠実な関心を寄せることでできるようになります。

笑顔で接する

笑顔の力は強力です。

人の印象は、「どんな会話をしたか」よりも「どんな表情で話していたか」によって決まります。

いくら相手の興味のある話をしていても、顔が死んでいたらもう終わりです。笑

「この疲れているのかな?」とか「笑顔ができない人だな」と思われてしまいます。

笑顔で楽しく接すると自然と声のトーンも上がり楽しい雰囲気を作ることができます。

笑顔が苦手な人は、最初は無理にでも笑ってみることです。人と話す前は鏡の前で練習したり、顔をほぐすのもいいかもしれません。

人に見られると恥ずかしいですけどね。笑

見られないためにもお風呂上がりとかで練習するのがいいかもしれません。

中国の商人にはこんな言葉があるそうです。

「笑顔を見せない人間は、商人にはなれない」

どれだけいい会話術を持っていても、笑顔ができなければ営業がうまいとは言えません。

笑顔こそコミュニケーションの最大の武器です。これは会話が下手でも誰でもできるので、ぜひ心がけてください。

心から褒める

人間関係において重要な法則が一つだけあります。この法則を知っていれば喧嘩はおろか、悪い人間関係になることはないでしょう。

その法則とは、「常に相手に重要感を持たせること」です。

人間の最大の欲求は承認欲求であり、誰しも周囲の人に認めてもらいたいと願っているものです。

小さいことでも、自分は人から必要とされているのだ、重要だと思われているのだと思いたいのです。

人間の幸福につながることは、所属感とも言えるでしょう。

そのために必要な行為こそ「心から褒める」ことなんです。

褒める行為は、相手に重要感を与える最も活用すべき方法なんです。

お世辞ではなく心から伝えることが重要です。

最初は些細なことでもいいので伝えてあげてください。

例えば、

  • 「その服装すごく似合ってるね」
  • 「そんなこともできたの!誰でもできることじゃない」
  • 「2キロ痩せたんだ、すごいね!私も頑張らないと」

こんな感じで、何か変化があることに褒めることが重要です。

またやってはいけないことは、当然ですが相手を否定したり貶したりすることです。

陰口を他の相手に言っていても、「この人はよく陰口を言う人だな」と言う印象を受けます。

悪口や陰口は、人が離れていく行為だと思ってください。

相手の悪いところを見るのではなく、いいところに注目するのです。そうすれば、褒めるところがたくさん出てきますので、これからの人間関係は相手のいいところ探しから始めてください。

おわりに

どうでしょうか?

コミュニケーションのとり方がわかってきたのではないでしょうか?

今お伝えした方法は、実践してるかしてないかで大きな差が出ます。人に好かれたい、いい人間関係を築きたいと思うなら、この三つをぜひ活用してください。

ここまで読んでくださりありがとうございます。

あなたの人生に光を!ではまた

コメント

タイトルとURLをコピーしました