【うつ病の人必見】『精神科医が見つけた三つの幸福』から知るセロトニンで幸福感を高める3つの習慣

URLをコピーする
URLをコピーしました!

本記事をオススメしたい人↓↓

・セロトニンの働きを知りたい

・どんな習慣を心がければ幸せになれるのかを知りたい!

・幸せになるためには、なにを大切にしないといけないのかを知りたい!

本記事では、このような疑問に答えています。

 

あなたはセロトニンという脳内物質を知っていますか?

今からこのセロトニンを意識した習慣を心がけることにより、あなたの毎日の幸福度は劇的に高くなります。

とはいっても、セロトニンってどんな脳内物質かもわからないし、どんな習慣を心がければいいのかわからないですよね。

☑️本記事では、

あなたが確実に幸せな毎日をおくれるように、セロトニンを意識した幸せになる方法をご説明したいと思います。


『精神科医が見つけた3つの幸福』を無料で見る方法↓↓

Audible(オーディブル)のお知らせ‼️

 

Audible(オーディブル)のメリットは、

  • 通勤中や家事をしながら読書ができる
  • 目が疲れない
  • 他のオーディオブックで購入するより安い
  • 活字嫌いに最適
  • 子供への読み聞かせにも最適
  • 無料期間中に解約しても、無料期間中はサービスを利用できる

月額1500円30日間無料サービス↓↓

セロトニンとは?

セロトニンが脳内に出ている時は、

  • 「清々しい」
  • 「癒される」
  • 「爽やか」

と思える時です。

朝起きて青空を見上げると、とても気持ちがいいですよね。

その気持ちがいいって感じている原因が脳内にセロトニンが出ているからなのです。

基本的なイメージとしては、健康を意識したリラックス状態と言えるでしょう。

  • 体調がいい、気持ちがいい
  • のんびりできる
  • 運動して気持ちがいい
  • 自然の中にいて爽やかで気持ちがいい
  • 病気ではなく常に健康だ

この気持ちはセロトニンという脳内物質のおかげなのです。

では逆にセロトニンが不足するとどうなるのか?

セロトニンが不足したらどうなる?

セロトニンが足りていないと気分が落ち着かず、常にイライラしたり体調を壊しやすくなったりするのです。

つまり気持ちの安定性を失い、体調不良が頻繁に起きることになります。

うつ病になる主な原因は、セロトニンの低下と言えます。そうなると、衝動性が高まり「死にたい」「不安」という気持ちがあなたを襲ってくるのです。

セロトニンの不足は恐ろしいですね。

さらにセロトニンの低下は、

集中力や意欲とも関係が深い脳内物質であるノルアドレナリンも低下していきます。

ノルアドレナリンの低下は「仕事のミスが多い」「電車にかばんを置き忘れる」ことがよく起こり、脳の疲労も激しくなるのです。

セロトニンの不足は健康が失われた状態と言えるでしょう。

  • つらい、苦しい
  • 感情が不安定になる(不安、イライラ、キレやすい)
  • 体調が悪い、具合が悪い、身体がだるい
  • 集中力低下、注意散漫
  • 病気
  • 生きている意味を感じられない

今ならお得!この安さであなたの健康をサポート!

セロトニンを出す三つのステップ

セロトニンを脳内に出す確実な方法が三つあります。その方法は、

  1. 良質な睡眠
  2. 適度な運動
  3. 朝散歩

この三つであなたは幸せに満たされるでしょう。

 

誰でもできてカンタンになのが朝散歩ですよね。

朝散歩により、朝日を浴びて「体内時計のリセット」ができ清々しい気持ちになれます。

その上で15分から20分歩くことにより適度な運動もできています。

朝散歩は、起床後1時間以内に15分〜30分行なうと良しとされています。

ウォーキングのスピードは、やや早歩きでリズム良く歩くと良いでしょう。

散歩後は、よく噛んで朝食を食べると「咀嚼」効果も加わり。さらにセロトニンが活性化します。

この朝散歩でセロトニンを活性化させるためには、睡眠不足や運動不足は厳禁です。

この、良質な睡眠、適度な運動、朝散歩の三つを健康習慣を行うことで、セロトニンがしっかり分泌され、幸せな気持ちになるのです

良質な睡眠のコツ

最低でも1日6時間以上の睡眠はとってください。まだ余裕があるなら7時間以上の睡眠が望ましいです。

ですが、睡眠時間が多くても、睡眠の質が悪ければ意味がないですよね。

ですから、睡眠の質を上げるために、寝る前2時間以内の飲酒、食事、スマホ、ゲーム、激しい運動は避けてリラックスして過ごすことが重要です。

入浴は、シャワーだけで済まさずにしっかりと湯船に浸かり寝る90分前に入浴しましょう。

あとは、寝るまでにリラックスした状態でいると、良質な睡眠が取れます。

適度な運動

健康のために必要な運動量は、1日20分の早歩き。

さらに週2回〜3回、45分〜60分以上の中強度の運動を加えるとさらに良いです。

その運動は、有酸素運動に加えて筋肉トレーニングを両立して行うと良いでしょう。

在宅ワークで仕事している人やひたすら椅子に座る癖がある人は、1時間おきに立ち上がる癖をつけてください。

1時間の座る続けはものすごく体に悪いと言われています。

朝散歩

起床後、1時間以内に15分〜30分の散歩を行うと良いでしょう。日光の光により交感神経が刺激され「体内時計」もリセットされて爽やかな気持ちになります。

ペースはやや早歩きで、リズムよく歩くことを意識してください。

「朝散歩」にどうしても時間が取れない人は、通勤時に日光の光を浴びることと早歩きを意識して行ってください。

女性限定!健康をサポートするジムです!

おわりに

本記事では、セロトニンの働きがどれだけ重要かを説明した後に、セロトニンを出すステップを順序よく伝えました。

セロトニンを出す習慣がある人こそ、本当に幸福者ということです。そのためには、睡眠、運動、朝散歩の習慣を心がける必要があるのです。

別の記事で、自律神経が乱れている人に、自律神経を整える方法を書いた記事があります。そちらと組み合わせて理解するとセロトニンの理解がなお理解が深まるでしょう。

記事はこちらです↓

https://hermes-life.com/how-to-prepare-the-autonomic-nerver/

 

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA