仕事の疲れがたまりやすいあなたに伝えたい!勤務中に疲労と悩みを予防する4つの習慣

自己啓発
  • 仕事の疲れを予防する具体的な習慣はなになのか?
  • 仕事の悩みを減らせる具体的な方法はなになのか?
  • 勤務中に問題が発生した時の対処法はなになのか?

この記事では、このような疑問に答えています。

仕事の疲れで家に帰っても何もできない。しんどいことばっかりだ。

人生に光を!ヘルメスLIFEへようこそ。

仕事での疲労感から家に帰っても何にもやり気が起きない!仕事での悩みからベットに入っても全く眠れない!

そんなあなたに、この記事では悩みの根本を分析した名人が教える勤務中に疲労と悩みを予防する習慣をお伝えしたく思います。

人生の3/1は仕事であり、その仕事での影響で疲労や悩みを引き起こすことによって残りの3/2も台無しになってしまいます。

疲労感や悩みは、人生において副作用しか生みません。人は、悩みなどの対策をせずに心に溜め込んだ結果、病気などを引き起こしてしまっているのです。

少しの意識の違いで、そのようなことは改善できます。

ですので、今からお伝えするたった四つの習慣だけを意識してください。

それでは早速いきましょう。

スポンサーリンク

問題に関係のある書類以外は全部机の上から片付けよう。

 

ほとんどのビジネスマンの机の上には、何週間も見ていないと思われる書類が散らかっていることが多いですよね。

返事を出していない手紙、報告、仕事のメモなどが散らかっている机の上は、混乱・悩み・緊張を引き起こすには十分なのです。

もっと始末の悪いことと言えば、

「処理すべきすることは無数にあるのに、それを処理する時間がない」

という思いに絶えず駆り立てられて、あなたの緊張と疲労に追いやるだけでなく、高血圧・心臓病の不安までも与えていることになります。

ペンシルバニア大学医学部大学院教授ジョン・H・ストークス博士は、かつてアメリカ医学協会で、「臓器の疾患に併発する機能的ノイローゼ」という題する研究報告をして、その中の「患者の精神状態のどんな点を調べるべきか」という項で以下のことを伝えています。

「しなければばらぬという義務感。処理しなければならない仕事がいつまでたまっても目前に山積みしているという緊張感。」

あなたはこのように考えていませんか?

「机の上を整理する初歩的な方法で、高血圧や義務感、緊張感などを防止できるのだろうか?」と。

有名な精神分析医ウィリアム・サドラー博士は、こんな簡単なやり方で精神衰弱を防止できた患者を見たことがあると教えてくれました。

人間は過労が原因で死ぬわけではありません。浪費と悩みが原因で死んでいくのです。エネルギーの浪費と、仕事がうまくはかどらない悩みを避けるために、まずは机の上のものを整理するところから始めてください。

重要なことから物事を片付けていく

人は、重要な物事から片付けないことで精神的な疲労を溜めることが多いのです。

その上、1番重要な事柄を後回しにして、後になって躓いてしまう人は何人もいます。

アメリカで最も成功した保険外交員の1人フランクリン・ベトガーは、1日の計画を前の晩に作っていたのだと伝えています。

あなたにとって今1番重要なことは何かを考えてみてください。それを先に処理をすることによって心の緊張感を和らげることができます。

時間があるのなら、その日のすべきことを前日の夜にも書き留めておくと良いでしょう。

問題に直面した時、解決できるのならすぐにその場で解決すること。決断を延期してはならない。

私の友人が仕事での会議の取締役を務めていましたが、その会議では多数の審議されましたが、大部分は未解決のまま持ち越しになることが多かったみたいです。

その結果、取締役はたくさんの報告書を家に持ち帰らなくてはなりませんでした。

未解決のままで終わる会議が時間の勿体無さとその後の悩みが増えていく一方だったので、ついに友人は仕事の会議を一度に一議案を取り上げて結論を得ることにしました。

延期や持ち越しは禁止したのであります。その会議は、素晴らしいものになったと友人は話しています。

予定表はきちんと整理され、未解決の問題で頭を悩まされることも無くなったと言っています。

これは、誰に対しても当てはまるのではないでしょうか。悩んでいることをいつまでも後回しにするのではなくて、解決できるなら、すぐに決断した方がいいです。

決断を延期してしまっては、その期間に多くのことを悩んでしまう原因にもなるでしょう。

組織化、代理化、管理化することを学ぼう

多くの実業家の方は、責務を他人に任せることを知らずに全てを自分自身でやろうとして、まだそれほどの歳でもないのに自分を死に追い詰めている人が多いみたいです。

責務を委譲することを学ことは非常に難しいですけど、悩みや緊張や疲労を免れたいのならそれを実行しなくてはなりません。

大企業を打ち立てた人で、組織化、代理化、管理化することを学ばない人は、50〜60歳あたりで心臓病になるリスクが高まると言われています。

実例を知りたければ、毎日の新聞の死亡記事を見れば一目瞭然です。

不眠に悩む人に安く手に入るオススメアイテム!あなたの健康のために是非お使いください。↓↓



おわりに

仕事の疲労感や緊張感は体に悪影響しか与えません。それを予防するには今お伝えした4つの習慣を実践するしかないのです。

体が悲鳴をあげているのに無理をして仕事を頑張りすぎないようにしてください。時には、リラックスをしたり、趣味を楽しんだりするのは仕事の生産性を上げる意味でも非常に重要です。

眠たい目を擦りながらする仕事は逆にはかどりません。意味のない時間を過ごしてしまうだけです。

ですから、勤務中に予防する習慣を身につけ、自宅ではリラックスを心がけるべきなのです。

別の記事で、仕事の悩みを半減させる方法も書いていますのでそちらもご覧ください。

【悩み解決】仕事が辛いなら見てほしい!悩みの根本を分析した名人が教える確実に使える仕事の悩みを半減させる方法
仕事でミスが多い方 仕事内容で常に悩まされている方 上司によく怒られる方 この記事は、このような方々にオススメです。 人生に光を!ヘルメスLIFEへようこそ。 誰もが仕事をする上で悩...

あなたの人生に光を!ではまた

コメント

タイトルとURLをコピーしました