【幸せになる生き方】楽しく人生を生きたいなら知ってほしい!人を批判する生き方が一番不幸になる理由を徹底解説します

自己啓発

 

  • 人を批判する理由はなんなのか?
  • 人を批判する人生はどうなっていくのか?

この記事では、このような疑問に答えています。

 

人生に光を!ヘルメスLIFEへようこそ。

人生を通っていたらどこかで人の批判っていうのは受けますよね。

職場や家庭内や友達やSNSの中でも批判は起きています。最近では人の批判から自殺に追い込まれているというケースも増えてきていますよね。

悲しい現実ですが事実なんです。

しかし、考えてみれば人を批判して生きている人が一番不幸な人なんです。

この記事では、人を批判すると不幸になる理由を徹底解説します。

スポンサーリンク

人の批判をする人の心理

人はなぜ批判をしてしまうのかをまず解説したいと思います。

その理由は、今に満足できずに、その満足できていない自分を否定したくないから他人の批判を言って自分の生き方を肯定しようとしているのです。

わかりやすく伝えるなら人生の劣等感を補うためです

人の批判をいえば、その人の上に立っていると錯覚をして、尚且つ批判を言った相手がそれに同意してくれれば「自分が正しいのだ」って思えますよね。

SNSで有名人の悪口や批判を言うのもこの心理です。

有名人の努力や成果を批判することで、自分自身がその有名人の上に立っていると思いたいのです。

例えば「今の日本が悪いのは政治のせいだ」「会社が悪いのは社長や上司のせいだ」

自分を見直さず他人のせいにした方が人生は楽ですし、無条件で自分を肯定できますもんね。

しかし、その批判では自己満足で終わるだけで現実は何も変わらないと言うのはもうわかっているはずです。

人の心理は、研究すれば不思議なことばかりですし、嫌な部分も見えてきます。

人は、誰しもが承認欲求を持っていますし、それを満たそうという行動が人の批判ということになりますね。

この心理がわかれば、人の批判をする人の人生はどうなっていくのかをより理解できます。

別の記事で、人の悪口を言う人の深層心理をさらに細かく解説しているので、そちらもご覧ください。

【悪口を言う人の心理】悪口が辛いならみてほしい!心理学者が教える悪口を言う人の深層心理を徹底解説
悪口がしんどい人 人間関係に悩んでいる人 悪口を言われた時にどう対処すればいいのかを知りたい! この記事はこれらのことで悩んでいる方にオススメです。 人生に光を!ヘルメスLIFEへようこそ。 職...

人の人生を批判する人と肯定する人の末路

批判する人生の末路

結論から話すと、信頼性を失い、人徳を失い、陰で悪口を言われるようになってしまいます。残るのは深い劣等感だけです。

それも考えてみれば当然のことです。

今まで散々人を批判した結果、その相手からも批判されることになり、悪口をいうのが癖づいてしまっている人は「あの人と話していたら私の悪口まで言われるようになる」と思われて信頼性も人徳を失っていきます。

結果的に一人ぼっちになり始めて気付かされるのです。

肯定する人の末路

人生は他人に評価されるものではありません。あなたが生きたいと強く願う道を選べばいいのです。

その道を通ることによって人の批判もはびるかもしれませんが、その批判を言う人の末路はあなたはもう知っているはずです。

人から批判や悪口を言われた場合は、無視しておくしかないのです。その人のために時間や労力も使いたくないでしょう。

大切なのは、あなた自身が人の批判を言わないことにあります。

SNSでも友人の人生も全て肯定してあげるのです。

つまり、人を褒めまくるのです。

そうすれば自然と相手のいいところばかりが見えるようになり、好かれる対象になっていきます。

人を肯定する生き方は、あなた自身の満足度も上がり気持ちよく人生が通れます。

心理学の研究でわかっていることは、人が最も幸福を感じるときは、貢献感があるときです。

つまり、「人の支えになっている」「この人のために何かできた」その実感が一番幸福だと言うことです。

人を批判する生き方と肯定する生き方。あなたはどっちを選択しますか?

それを選ぶのもあなた自身の選択なのです

おわりに

「人生評論家」になってはいけないと言う話をしてきました。

他人の人生や価値観はその人の良さでもあり、強さでもあります。

それを否定する生き方は、その強さを認めたのと同じです。

本当に否定するなら眼中にないでしょう。笑

批判すると嫌われ、肯定すると好かれる。考えてみれば当然のことです。

人を肯定する生き方からいい人間関係が築かれていくのです。

それは、どの場面においても一緒でしょう。仕事内や家族や友人など。

人を肯定していい人生を送りましょう。

あなたの人生に光を!ではまた

コメント

タイトルとURLをコピーしました