【ストレス原因】接客業の人は知ってほしい!心理学者が研究したサービス業で働く人のストレスの原因

心理学
  • ストレスの原因はなんなのか?
  • ストレスを軽減させるにはどうしたらいいのか?

この記事ではこのような疑問に答えています。

 

人生に光を!ヘルメスLIFEへようこそ。

営業職は、多くの人と接するので本当に疲れますよね。

めっちゃ文句を言ってくるお客さんとか、すごく話し込んでくるお客さんとか。

1日に何人も相手をしないといけないからストレスを溜めてしまってると思いがちですが、実は主なストレスの原因は別にあったのです。

そのストレスの原因を今回は解説しているので最後までご覧ください。

それではいきましょう!

スポンサーリンク

ストレスの原因

サービス業で働く多くの人は。いつもクタクタに疲れています。

なぜ、クタクタになるかというと「笑顔で接客しなければダメ」というルールがサービス業にはあるからです。

ところが、海外のサービス業界(フランスなど)はサービス業で働いていてもあまりストレスを感じる人は少ないのです。

同じような仕事をしているのに、なぜフランスの人だけストレスが少ないのでしょうか。

実験

米国ペンシルバニア州立大学のアリシア・グランディは、この点に興味を持って、アメリカ人116名、フランス人99名の秘書やウェイトレスなど、サービス業で働く人たちを比較する研究をしてみました。

その結果「笑顔のサービスが、ストレスを生む」ということがわかったのです。

人は、無理矢理でも笑顔を作ることにかなりのストレスを感じてしまうのです。

アメリカや日本は、接客の際に笑顔を求められるのでストレスを感じますが、フランスでは全く感じていません。

それは、フランスには、「仕事中は絶対笑顔で接客しないとダメ」というルールはないからです。

笑顔を見せるかは個人に任せているということなので、笑顔を見せないのならそれはそれでいいのです。

さすが自由主義の国家ですね。

 

日本人がフランスに旅行に行くと「なんだか愛想がないな」と思ってしまうかもしれません。

「笑顔が当たり前」というのに慣れた日本人にとっては、笑顔を見せてくれない店員には違和感を感じると思います。

しかし、それがフランスのルールですから仕方ないですよね。

文化によって、人に求められるルールは異なるのが当たり前です。

違う国の人が、自分の国の人と違ったとしても、自分のルール、物差しで相手を判断しないようにしないといけないですね。

また違う記事で、ストレスの解消方法について解説しているのでそちらもご覧ください。

【ストレスフリー】精神科医が教えるストレスを溜めないようにするための方法とは?
ストレスはどんな種類があるのか? ストレスを溜めないようにするためには? 仕事のストレスから解放するためにはどうしたらいいのか? 本記事では、このような疑問に答えています。 人生に光を!ヘルメスLIF...

おわりに

どうでしょうか?接客業の人は共感できた部分も多かったのではないでしょうか?

ストレスの生む原因は笑顔にあるなんて意外ですよね。

笑顔は人を幸せにするといいますが、その対価としてストレスを生んでしまっていたのですね。

接客のルールとして笑顔は大切ですが、ストレスの方法はしっかり行ってくださいね。

私の中では「散歩」や「瞑想」などがすごくオススメです。

あなたの人生に光を!ではまた

コメント

タイトルとURLをコピーしました