子育てがラクになる!心理学を使った子育てでイライラがなくなる方法を徹底解説

心理学
  • 子育てでイライラがなくなるには?
  • どのような育て方がベストなのか?
  • 心理学を利用した子育ては、子供はどのように育つのか?

本記事では、このような疑問に答えています。

 

子育てって本当に大変ですよね。

大きくなるにつれて全く言うこと聞かないし、逆ギレされたりもするし。。

自治体でこのようなアンケートを実施していました。それが

・子供にイライラする→75.6%

・子育てが嫌になる時がある→95%

このアンケートから分かる通り、ほとんどの人が一度は子育てがつらくなっています。

ですが、子供にイライラしていたり、子育てが嫌になってしまうと、子供に悪影響を及ぼすことがアメリカの情報誌で明らかになっています。

親の心理状態が荒れていると、親子の間で穏やかな関係を作ることが難しくなり、子供の感情的な成長が阻害される結論がわかっています。

そのように育った子供は、成長してから問題を起こしたり、精神年齢が少し若くなったりしてしまうのです。

つまり、イライラして育てる子育ては、親にとっても子供にとっても悪い影響しかないということなんです。

本記事では、子育てをする上でイライラせずどのように子供と向き合えばいいのかを心理学を用いてお伝えしたいと思います。

スポンサーリンク

どうすればイライラしないのか?

親がイライラするほとんどの原因って、子供のためと思ってしていることが全く子供が言うことを聞かなかったり、それに対して反抗したりする時ですよね。

子供がやることをきちんとやれば親のイライラは無くなりますよね。

その、子供がきちんとやる力を育てるのが、子育てではかなり重要になってきます。

この、子供がきちんとやる力を心理学では、「WILLPOWER=意志力」と呼んでいます。

この「意志力」を育てることにより、親がガミガミと言うことは無くなりますし、子供の成長に対して親は見まるような形となるのです。

意志力ってどのように育てればいいの?

意志力を育てなさいって子供に言うの?

そんな感じだと、子供は「なんだよそれ!うるせぇな」ってなりますよね。

逆に、親は子供を完全な支配下に置いて、「あれをやれ、これをやれ」といって子供を屈服させていい子に育てたとしても、それは親にとって良い子であって客観的に見たら自分の意思で行動できない人形みたいな子供になってしまいます。

人形みたいな子供になってしまえば、自分の力で自分の道を切り開く力がなくなってしまいます。

「WILLPOWER=意思力」はどのように育てるのか?

 

スタンフォード大学の健康心理学者ケニー・マクゴリガルによれば、

意思力は個人的な力であるが、周囲の影響を強く受けるもの

と言われています。

つまり、意思力は感染するということなのです。

例えば、

  • 太っている人の周囲には太っている人が多い→肥満の感染
  • お金持ちの周りにはお金持ちが多い→お金の感染
  • ゴミが多い場所にポイ捨てが多い→マナー違反の感染

このように人の意志というのは感染するというのが明らかになっています。

脳科学でわかっているのは、脳には「ミラーニューロン」という神経細胞が多く存在しており、他人の行動や他人の考えていることに注意をはらい理解して、同じことをしたような感覚を作り出す働きが脳にはあります。

子供というのは、大人に比べて「ミラーニューロン」の数が多くあります。

子育てでは、「ミラーニューロン」という神経細胞を利用することが必要なのです。

つまり、周囲の人の意志力で子供に感染させるということですよね。

特に感染力が強いのは、日々の日常を共有している家族となるわけですね。

親が、意志力を高めることによって、それを見た子供は自然と意志力を高めることができるということなのです。

「親の背中を見て子供が育つ」とはまさにこのことですよね。

親の成長=子供の成長

子育てで大切なのは、子供と共に親も成長していくことが必要になってくるのです。

 

親と子供の絆を深める新しい「しつけサービス」!


具体的に意志力を理解する

先ほど、「WILLPOWER」とは、意志力という表現をしたのですが、さらに細かく分散して説明すると、

  • やる力
  • やらない力
  • 望む力

この三つに分けることができます。

この力は、単なる我慢とは違い、目標を達成するための行動力と言っても過言ではありません。

わかりやすく伝えると、「あれをしたい、これをしたい」という湧き上がる行動を抑えつつ、プラスのような効果を発揮する力です。

◯ダイエットをしたい女性を想像してください。その女性がカフェに行ったとします。

  • ケーキを選ばない→やらない力
  • ノンカロリーを選ぶ→やる力
  • 痩せること→望む力

どんなことでもより具体的に理想像を思い浮かべて強く望むことが目標達成に欠かせません。

強い力というのが望む力で、望力が根底にあるので、やらない力とやる力が生まれるということです。

子育てに、この三つの力を使うと、

自分の子供に集中力をつけたいという目標(望む力)があったとして、学校から帰ってきて遊びに参加しない(やらない力)せず、声をかけないで見守る力(やる力)となるのです。

誘惑に負けずに、自分が決めたことをやり遂げること、自分の望みを見失わずに決めたことを実践できること。

こんな子供になってほしいと願うのなら、まず始めるのは自分自身のチャレンジになるということです。

親が意志力を強くすることにより、子供は親の姿を見て育っていくわけなのです。

おわりに

子育ては、意志力を鍛えることが重要だとわかり、子供の意志力を鍛えるには「ミラーニューロン」という神経細胞を活用することが重要だとお伝えしました。

この「ミラーニューロン」というのは、一言で言うとマネする力ですよね。感染力とも言えると思います。

親の意志力を鍛えることで、子供にも感染して医師の強い子供に育っていくと言うことなのです。

結果的に、親が言われる前に行動して、親のイライラが少なくなるわけです。

子育ては大変ですけど、親も子供も成長できる人生の成長期と言えるでしょう。

子育てについてさらに詳しく知りたい方は、アドラー流の子育て方法もブログにまとめています。ぜひご覧ください。

叱ることや褒める子育ては間違ってる!?アドラーが教える正しい子育ての方法とは?
どのように叱ればいいのか、どのように褒めて子供を伸ばすべきなのかという悩みは尽きません。 では、子育ての仕方を変えてみてはどうでしょうか? それは、褒めないし、叱らないという子育ての方法です。 その理由は、全てアドラーが解説しています。本記事では、アドラーが教える正しい子育てのやり方ついて解説していこうと思います。

あなたの人生に光を!ではまた

コメント

タイトルとURLをコピーしました