【3分でわかる】『エフォートレス思考』の要約と感想!努力を最小化して、成果を最大にする方法

URLをコピーする
URLをコピーしました!

☑️本記事をオススメしたい人↓↓

  • 頑張って努力しているのに、全然結果が出ない
  • なんで、こんなにも毎日が大変なのか
  • 「忙しい」をなくして、成果だけを出すにはどうしたら良いのか?
ガリベン君
なんで、こんなにも頑張っているのに、全然成果が出ないの?
ヘルメス先生

今のやり方で本当にあってる?なかなか成果が出なかったら、やり方、生き方を変えるしかないね。

私がオススメするエフォートレス思考をこれからお伝えするから、しっかり聞くんだよ

Audible(オーディブル)のお知らせ‼️】

Audible(オーディブル)のメリットは、

  • 通勤中や家事をしながら読書ができる
  • 目が疲れない
  • 他のオーディオブックで購入するより安い
  • 活字嫌いに最適
  • 子供への読み聞かせにも最適
  • 無料期間中に解約しても、無料期間中はサービスを利用できる

月額1500円30日間無料体験サービス↓↓


エッセンシャル思考とエフォートレス思考の違いとは?

エッセンシャル思考は、「何を」やるかという思考法です。

エフォートレス思考とは、「どのようにやるか」という思考法なのです。

『エッセンシャル思考』で、無駄なことを捨てて、大切なことだけにフォーカスすることに成功しました。

それでも、まだ時間が足りないっていうことはないですか?

「家事や子育て、その上仕事で忙しい。どれかを辞めるわけにはいかないしどうしたらいいの。」

このように、やることが溢れて、時間が全く足りないという方に向けた思考法がエフォートレス思考なのです。

 

※『エッセンシャル思考』をまだ読んでいない方はこちら↓↓

https://hermes-life.com/essential-thinking/

エフォートレスな精神とは?

頑張ることをやめる

まず、エフォートレス思考を極めるために、間違った考え方を改めないといけませんね。

人は、努力を重ねて、寝る時間も少なくして働く人のことを評価しがちですよね。

そして、楽して成果を出そうとする人を「悪い」ことのように扱われます。

エフォートレス思考は、この考え方を180度回転させないといけません。

つまり、頑張りすぎず、「どうすればもっと楽になるだろう」と考えるのです。

努力と根性は捨てて、どうすれば簡単に解決できるだろうかと考えることがエフォートレス思考の始まりなのです。

頑張れば成果が出るとは思わずに、「楽をして成果を出す」方法を考えよう

「重要なこと」と「楽しいこと」を組み合わせる

とある男性
楽しくないことを我慢して取り組む理由はなに?
ヘルメス先生
いまを我慢して過ごしたら、その先には楽しみがあると思うからね。だけど、楽しみを本当に後回しにする必要はあるのかな?今を楽しむことが一番じゃないのかな?

あなたも今を我慢すると決めて、楽しみを後回しにしていませんか?

だけど、それは今を大切にしていませんよね。

ここで、行動自体が楽しくなるコツをお伝えします。

それは、

大事な行動に、わかりやすい報酬を結びつけること

つまり、「XをしたらYをする」ということ

例えば、

  • ランニングが嫌な時は、音楽を聴きながらランニングをして楽しみを見つける
  • ブログを1記事書いたら、好きな映画を1つ見る
  • 本を1冊読み終えたら、アイスクリームを食べる

大切なのは、「我慢」ではなく「楽しくやる」ということです。

そうすると、仕事と遊びは互いに引き立てることができて、創造性や新たなアイデアが浮かんできたりするのです。

「我慢」を「楽しみ」に変えるために、自分に報酬を与えて結果の満足度を高めよう

「感謝」「休息」「集中」を意識する

感謝

大切なのは、不満ではなく感謝できることに目を向けることです。

今あるものに目を向けるようにしてみてください。

  • 不満→負のスパイラルを生む
  • 感謝→正のスパイラルを生む

ネガティブな方ばかりをみていたら、人生はひたすらネガティブな方に進むだけ。

だからこそ、感謝に目を向けて、人生をポジティブな方に循環させるのです。

休息

睡眠不足は、認知機能を低下させて最高のパフォーマンスを発揮できなくなってしまいます。

リラックスも仕事ということを知ってください。

寝る間も惜しんで頑張り続けても成果が出にくいことは明らかです。

そんな時は、さらに力を入れるのではくて、力を抜いて昼寝をしてみると良いでしょう。

つまり、「何もしない」技術を身につけるということです。

実は、昼寝の効力は最強だと研究でも明らかになっているのです。

「昼の90分睡眠で、8時間の睡眠と同程度の学習能力向上が見られた」と。

集中

私たちの身の回りには、色んななノイズがあってやるべきこと、やらないこといけないことができなくなっていますね。

他人からの批判の声、夢を邪魔してくる人たち、集中を妨げる周りの声

ですので、エフォートレスに物事を乗り越える思考も周りの雑音によって濁ってしまっているのです。

しかし、そんなノイズのある中でも物事に集中することが大切なのです。

研究でわかっていることですが、注意力を鍛えると情報処理能力が格段に上がると実証されています。

本当のエフォートレスな精神とは、

大量の情報や雑音の中でも、今やるべきことを見失わずに、集中し続けることです。

感謝を循環させ、何もしない時間を確保して昼寝をしよう。そして注意力を鍛えて様々な雑音を無視し、今やるべきことだけにフォーカスし、集中しよう。

エフォートレスな精神を自分のものにできるコツ

  1. 携帯の電源を切り、10分間ひとりになる時間を見つける
  2. 背筋を伸ばして、目を閉じ、全身の力を抜き、自然に呼吸する
  3. やってくる考え事を無理に抑えようとせずに、自然に去っていくのを感じよう
  4. 嫌な人が浮かんだら「許します」よ呟き、心を解放しよう
  5. 深く息を吸いながら、感謝を全身に取り込もう

エフォートレスな行動とは?

ゴールを明確にする

今、あなたが取り組んでいるプロジェクトはゴールが明確になっていますか?

ゴールが明確でないと、そのプロジェクトは完成することなく、いつまでも作業を続けるか、途中で諦めてしまうことになります。

☑️ゴールを明確にするには、この4つを心掛けてください。

  • 1分間目を閉じて、作業が終了した時のイメージを思い浮かべる
  • 「曖昧なゴール」を「明確なゴール」にする
  • 「今日の完了リスト」を作る
  • 修正は最低限にとどめる

例文 (明確なゴールのイメージとは?)

人生の完了リストも作っておく

一度きりの人生で、あなたがやりたいことリストを作っておくと良いでしょう。

やりたいのにできなかったことは、死ぬ瞬間に後悔することになりますよね。

時間があるのでしたら、死ぬまでにやりたいことをリスト化して、毎朝に「そのリストを完了するために今日は何をすれば良いのか」を考えて行動すれば、一歩一歩前に進むことができますよね。

残りの人生で成し遂げるべきゴールを明確にするのも、私はとても共感できました。

明確なゴールを作って、今どうするべきかを考えよう

最初の一歩は、シンプルに身軽に踏み出す

ガリベン君
ゴールが遠すぎて自分には出来る気がしません。
ヘルメス先生
最終ゴールを見つめるだけではなくて、最初の簡単なゴールを見つめて、一歩を身軽に踏むことはから始めれば良いよ

大きなビジョンを抱えても、その先に待ち構える困難を予想してしまって、ひるんでしまうことはありますか?

そんな時は、目標を分割してみると良いです。

最終ゴールだけを決めるのではなく、そこに向かうまでに、最初はどんなゴールを決めるべきなのかを決めれば良いのです。

最初の一歩を踏み出せば、心のエンジンがかかり、勢いよく前に進む

最初の一歩さえ踏んでしまえば、その後は勢いよく前に進んでしまうのです。

つまり、なんでも始めれば良いのです。

勢いに乗って前に進めば、それが自信に強い自分になるのです。

目標が遠いと感じたら、その目標に向かう最初の目標を軽めに設定しよう。そうすると身軽に前に進めるようになる

目標を完了させる手順を限界まで簡単にする

Amazonのワンクリック方式をどう感じますか?

ポチって押すだけで、商品を購入できて自宅まで届けてくれる。

こんなに簡単なシステムだからこそ普及したのだと感じます。

私たちも何かに取り組むときに、その手順をめんどくさいと感じたことはありませんか?

例えば、

  • 筋トレを始めるときに、器具を出すのがめんどくさい。
  • 健康的な食べ物を食べるにも料理をするのがめんどくさい
  • 仕事をするにも、職場に行くのがめんどくさい

めんどくさいからこそ、継続できなかったりしますよね。

そんなときにオススメしたいのが、

手順を小さく削るのではなくて、不要な手順は全部取り除いたほうが良いということです。

目標を達成するために、最低限必要なステップとは何かを考えて、不要なものは全て捨ててしまおう

失敗を積み重ねる

最初から完璧を目指して、失敗をしたら心を折れてしまった経験はありますか?

完璧を目指すほど、失敗した時の心はズタボロになってしまいますよね

ですから、最初から完璧を目指さなくても、60%くらいの完成度で、失敗したら手軽に修正できるようなモデルをたくさん作っておけば良いのです。

そうすれば大切なことを多く学ぶことができて、最短ルートで成長できるようになるのです。

まさに、「失敗は成功のもと」ですよね。

とにかく、下手くそでも良いからやってみて失敗を積み重ねること。その失敗が経験になって大きなものを生み出せるようになる

一定のペースを保ち、ゆっくり進む

全速力で走るほど、大きなリスクはありません。

☑️大切なのはこの2点です。

  • 自分が完璧だと思うペースを一定に保つ
  • やることの上限を決めておく

どんなに調子が良くても、これ以上はやらないと決めておいて一定のペースで保つことが大切なのです。

◉例

 

エフォートレスのしくみ化とは?

知識を身に付ける

ガリベン君
なぜ知識を身に付ける習慣が必要なの?
ヘルメス先生
それはね、広い範囲の悩みや問題をその場だけの解決ではなく、永続的な解決をするためだよ。

知識がない人は、問題にぶつかったときにその場だけの解決策を提案してしまいますが、またその問題が起こってもおかしくないですよね。

知識のある人は、「どうすればその問題が起こらなくなるだろう?」と考え問題の根っこを切ってしまう方法を考えるのです。

さらに、その問題解決に使った方法を、違う場所でも応用して使うことができるのです。

ガリベン君
なるほど。知識は色んな場所で応用できて、問題の根っこも切ってしまうことができるのか。

エフォートレスなしくみ化を心がけていくなら、まずは知識を蓄積していく必要があるのですね。

では、どのような方法で知識を身に付けるのでしょうか?

読書から最大限の効果を得る方法

まずは、読書こそが、一番効率的でレバレッジの高い活動ということを知りましょう。

知識を蓄えるのは、読書が一番良いのです。

読書から最大限の成果を得られる方法は以下の3点に注意して読書をしてみてください。

  • リンディ効果を利用する

リンディ効果とは、古い本は将来にわたって生き残る可能性が高いので、古典を積極的に読むべきなのです。

  • 吸収するために読む

ただ、読み終わることを目的とするのではなく、本に心から没頭して、まるで自分がその本の主人公になったかのように読むのです。

  • エッセンスを抜き出す

本を読み終えたら、10分程度でも良いので、その本を自分なりの言葉で1ページまとめてみましょう。

 

 

読書効率を高めるための私がオススメしている方法は、オーディオブックを活用することです。

オーディオブックのメリットを以下にまとめておきます。

※無料で30日間お試しできるので、ぜひお試しください。

Audible(オーディブル)のお知らせ‼️】

Audible(オーディブル)のメリットは、

  • 通勤中や家事をしながら読書ができる
  • 目が疲れない
  • 他のオーディオブックで購入するより安い
  • 活字嫌いに最適
  • 子供への読み聞かせにも最適
  • 無料期間中に解約しても、無料期間中はサービスを利用できる

月額1500円30日間無料体験サービス↓↓

問題の解決を永続的なものにして、さらにあらゆる場面でも応用できるように、読書で知識の木を育てておこう

一番シンプルに伝える

あと、手に入れた知識を人に伝えることで、さらに高い学習効果を期待できるのです。

人に伝える習慣を持つことができれば、自分自身の成長は間違いありません。

人に伝える方法として、シンプルに伝えることが必要とされます。

☑️シンプルに伝える方法として、以下の4点に注意してみてください。

  • ストーリーを語る
  • 専門用語は避ける
  • 全部伝えようとはしない
  • できるだけ単純でわかりやすい言葉を使う

情報を細かく全て伝えようとせず、わかりやすく単純に要点にまとめてストーリーで伝えよう

勝手に回る「しくみ」を作ろう

読書の習慣をつけて、シンプルに情報を伝えることができたあなたは、

ここからが「しくみ化」の本質の部分!

それは、「できるだけ多くの重要な行動を自動化すべき」ということです。

これから、その方法をお伝えします。

脳のメモリを無駄遣いしない

今の社会は情報がありふれて、脳のワーキングメモリが容量不足になっているのです。

複雑な作業をしていると、認知的負荷がかかり、ミスを起こしやすくなるようなのです。

頭の良い人が車の鍵を忘れたり、ガスの元栓を閉め忘れたりと、あなたも経験されたことはあるのではないでしょうか?

ワーキングメモリの容量不足が、うっかりミスにつながってしまうのです。

そこでオススメするのが、チェックリストを作ること!

☑️チェックリストをオススメする3つの理由とは?

  • 考える作業を最初に完了しておくことができる
  • 毎回判断しなくても、毎回正しく実行できる
  • 記憶に負荷をかけなくて済む
ヘルメス先生

とても単純だけど、僕は毎朝、やることをチェックリストにま止めてるんだ。

僕のオススメは、Google TODOリストを活用することだよ

自動化とは、

できるだけ人間の力を必要とせずに機能を実行することです。

以下のことを参考にして、エフォートレスな自動化を極めてください↓↓

付き合う相手を選んで、信頼できる人を探す

人間関係で大切なことは

まず、信頼し合える関係を作ることです。

信頼し合える関係は、素早く仕事を分担できるし、問題が起こっても率直に話し合うこともできし、貴重な情報を共有することもできます。

つまり、信頼関係こそ、最優先の仕事にエネルギーを集中できて、その結果、パフォーマンスは飛躍的に向上するということです。

全ての仕事はチームワークですので、チームワークの中で信頼関係が不足すると、確実に行き詰まってしまうのです。

では、どうすれば、信頼し合えるチームを作れるのでしょうか?

信頼あるチームを作るために、欠かせない3つの基準!

信頼を武器にする方法は、やっぱり信頼できる人と付き合うことですよね。

信頼できない人を雇ってしまうと、

いちいち監視しなくてはならないし、仕事が適当にならなくて済みます。

自分の責任を果たして、適切な判断とやると言ったら最後までやる人を雇えば、細かく指示しなくても、ビジネスは絶対うまくいくはずです。

☑️では、選ぶ際に何を基準にすれば良いのでしょう?

  • 誠実さ(Integrity)
  • 知性(Intelligence)
  • 自発性(Initiative)

この3つの頭文字をとって「三つのI」を条件に人を雇い、そして信頼関係を結べば、何度も同じことを言ったり、無理強いする必要はないのです。

人手不足で早く雇いたいという気持ちは湧くと思いますが、長期的にみて焦って行動したら損する可能性が高いのです。

時間をかけて上手に採用していき、将来にわたって信頼関係を結べるチームを作っていきましょぅ。

信頼度の高い契約をする5つの方法

採用する際に次のような内容を一緒に確認するようにしましょう。

  • どのような結果を望んでいるか?
  • 誰が何をするか?
  • 最低限達成すべき基準は何か?
  • どのようなリソース(人、お金、ツール)が必要で利用可能にするか?
  • 進歩をどのように評価し、報酬につなげるのか?

信頼を活用して、効率的なチームを作ろう。そのためには、まず「3つのI」でことを条件に人を採用しよう。

問題が起こる前に解決する

あなたは2分で解決することを、めんどくさいからだと言って先延ばしにしていませんか?

その結果、大きなストレスになってあなたのパフォーマンスを下げているということはありませんか?

☑️見つける手段は、この3つを確認してください。

  • 自分を何度もイライラさせる問題は何か?
  • その問題を放置した場合の年間のコストはどれくらいか?
  • それを解決するために、数分ですぐにできるステップは何か?

この3つを、自分に問いかけて、大きな問題になる前に事前に防いでおきましょう。

毎日、少しでもイライラしていることがあるなら、それを解決できる手段を探そう

おわりに

私は『エッセンシャル思考』で、人生で何を洗濯して何を捨てるべきなのかを学びました。

そして、今回の『エフォートレス思考』では、選んだ重要なことを効率的にどのように取り組めば良いのかを学びました。

そのために、まず考え方を改めて、行動し、それを自動化していくステップ。

『エフォートレス思考』はさまざまな場面で活用できるテクニックばかりだと私自身は感じています。

もし、あなたも「全然頑張っても成果が出ないなぁ」とか、「重要なことが多すぎて時間が足らない」と日頃から思っているのであれば『エフォートレス思考』は絶対に読んだほうが良いでしょう。

リンクは以下に貼っておきますので、興味があればどうぞ。


この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA