人の目を気にしてしまうあなたに!「課題の分離」を活用して人の視線を気にしなくなる方法

自己啓発
  • 人の目を気にしてやりたい仕事ができない
  • 嫌われてしまうかもしれない恐怖感がある
  • この言葉、相手はどう思ったのだろうって考えてしまう

本記事では、このような悩みを持った方にオススメです。

 

人生に光を!ヘルメスLIFEへようこそ。

人の目を気にしすぎると仕事にも集中できないですし、やりたいこともできないですよね。

「あの人にどう思われているのだろう」って考える毎日は、同時にストレスも心に溜まっていき心が落ちていくことにもなります。

人の目を気にせず、自分のやりたいことをやれる毎日にしたい!無駄なことで悩みたくない!そう考える人多いはずです。

しかし、ふっとしたことでまた人の目を気にしてしまう。

そんなあなたに、優秀な心理学者が教えた「課題の分離」を活用し人の目を気にしなくなる方法をお伝えしたいと思います。

「課題の分離」ができれば、全く人の目は気にしなくなり、人生が間違いなく一変します。

他人の人生を歩むのではなく、あなたの人生を歩むために、是非最後まで本記事をご覧ください。

スポンサーリンク

なぜ、人の目を気にしてしまうのか?

 

人間関係の悩みって尽きないですよね。親子関係、夫婦との関係、友人との関係、仕事仲間。

全ての対人関係で必ず悩みなどができてきます。

まず前提として、人間の強い欲求の一つに承認欲求を挙げられます。

そして、その承認欲求があるからこそ、対人関係での悩みは尽きないのです。つまり、全て人間関係のトラブルは承認欲求から起きているのです。

あの人に認められたい、あの人に好かれたい。人の強い承認の欲求が人の目を気にしてしまっているのです。

ですから、あなたの人生を大切にするためにも、私はここで伝えたいのは、

「あの人」の期待を満たすために生きてはいけないっていうことです。

人の目を気にして、人の評価を気にして、人の期待を満たすために生きていては、それはあなたの人生ではなく他人の人生です。

あなた自身の人生を大切にしたいのなら、他人の期待を満たす必要はないということです。

 

例えば、あなたは毎日ゴミ拾いをしているとしましょう。

万が一、ひたすら続けても誰にも褒められずに、感謝もされなかったらあなたはゴミ拾いを続けますか?

もし、続けないと思っているなら、そのゴミ拾いという努力は、あなた自身が自らしたいと思っているわけではなく、他者の評価のためにやっていることになってしまいますよね。

他人への評価の行動は、結局やりたいこともできずに人の視線を気にしてしまう習慣がついてしまいます。

ですので、他人への評価にこだわらないためにも、「課題の分離」という概念を知る必要があります。

課題の分離とは何か?

課題の分離とは、自分の課題と他者の課題を切り分けて考えることです。

例えば、あなたは毎日ゴミ拾いをしているとしまう。それを見ているご近所さんはどう思うでしょうか?

「あの人は毎日ゴミ拾いをしてえらいね」って思う人もいれば「人に良い格好ばかりしてるだけだろ」って思う人もいるかもしれません。

あなたの行動で他人はいろんな思いや考えをしますが、それはあなた自身がコントロールできるわけではないですよね。

つまり、他者がどう思うかは「他者の課題」ということになります。

あなたは、ゴミ拾いをするかしないか、どのようにするのか、どんな気持ちでするのか、それがあなた自身の課題になります。

「これは誰の課題なのか?」という視点から、自分の課題と他者の課題とを分離していく必要があるのです。

この分離とは、他者の課題に踏み込まないという考え方です。

あなたは、相手がどう評価するかという課題には一切踏み込まずに、「この課題は私の課題じゃない、他人の課題だ」と思って他者の課題に注目しないことが大切です。

あらゆる対人関係のトラブルは、他者の課題に土足で踏み込む、また自分の課題に土足で踏み込まれることによって引き起こされてしまいます。

大切なのは、お互いの課題に介入しないし介入されないこと。このシンプルな考え方が、あらゆる対人関係のトラブルを解消でき、人の目を気にしなくなります。

あなたは「自分の信じる最善の道を選ぶこと」が幸せな人生を生きる唯一の手段です。

その選択に、他人がどう評価するかはあなたには関係ありません。あなたの信じる道を選択すればいいのです。

 

※知識はあなたに最高の人生を与えてくれる!時間がないあなたに本を要約したサービスがあります。是非ご活用ください。


おわりに

人の目を気にしてしまうことはどんな人だってあります。やはり、人に承認されることが価値あることだと思いがちだからです。

ですが、人の評価があなたに評価を下すのと信頼関係は全く別物です。

評価とは、高い立場の人が低い立場の人に下す判断のことで、これは縦の関係になりあまり良い関係を築くことができません。

必要なのは、無条件に人を信じること。これが信頼なのです。

人の承認は、価値があるようで価値はありません。そこに幸せはないのです。

ですから、課題の分離を活用して、あなた自身の最善の道を選び、あなた自身の人生を歩むことがベストな歩み方で幸せを掴む最短ルートなのです。

あなたの人生に光を!ではまた

コメント

タイトルとURLをコピーしました