【差別化】マーケティングを学ぶあなたに届けたい!あなたの商品でなければならない理由を作る方法を徹底解説

ビジネス
  • あなたの商品の魅力をあげるにはどうしたら良いのか?
  • 商品を競合他社と差別化するにはどんな戦略があるのか?
  • 商品を売れるようにするコツとは?

この本記事では、このような疑問に答えています。

 

人生に光を!ヘルメスLIFEへようこそ

あなたはどんな商品を売っていますか?そしてその商品は、ライバル社と比較された時、他のライバル者にはないあなただけの商品の魅力を消費者に伝えられていますか?

「他のライバル者ないあなただけの商品の魅力」が差別化を生むということであります。その差別化を生むことさえできれば、あなたの商品はますます売れていくようになるのです。

商品はあなたが売りたいと考えているだけでなく、他の人も必ず売っています。

だからこそ、そのターゲットを巡って他社との争いになるのです。その為、競合他社ではなくあなたの商品を消費者から選んでもらう必要があるのです。

この本記事では、あなたの商品の魅力をあげるための戦略をいくつか紹介しています。

早速いきましょう!

スポンサーリンク

商品の魅力を引き出す戦略−差別化–

差別化とは、「競合より高い価値」を消費者に提供すること、つまり提供する価値の差が差別化なのであります。

これからあなたの商品を差別化をする為に3つの戦略をご紹介します。それが以下の3つです。

  1. 手軽軸
  2. 商品軸
  3. 密着軸

この3つの戦略を1つずつ説明していこうと思います。

手軽軸

手軽軸は言葉の通り「手軽に早く済ませたい」というベネフィットを求めている消費者を狙った差別化戦略であります。

手軽ということは、安くて早くて便利ということが挙げられるでしょう。

品質は最高ではないが、そこそこ満足出来るように提供し、「安くて早くてそこそこ美味い」ファーストフードが、このベネフィットを提供しています。

  • 早い・・・忙しいから早く済ませたい
  • 安い・・・給料前日だから安いところで済ませたい
  • 便利・・・雨が降っているから近いところで済ませたい

商品軸

商品軸とは「良い製品やサービス」に重視してそこで差別化を狙う戦略です。つまり「とにかく良いもの」を求めている消費者を狙った戦略であります。

夕食を決める気分で言えば、ゴージャスで美味しいものや良い雰囲気で食事がしたい時です。

材料も高級なもので店もしっかりしているからこそ、早く提供出来るわけではないですし、当然安くもないということになります。

  • 最新の技術・・・最近できた雑誌で話題のあの店に
  • 最高の品質・・・友人や恋人と会うので落ち着ける場所がいい

密着軸

密着軸とは、消費者が商品に「密着」する事で差別化します。

夕食を決める気分で言えば、「いつもの店」というような感じです。

自分の好みや味付けをよく知っていて、味付けなども調整してくれる飲み屋や、黙っていてもいつもの料理を出してくれる店もあるでしょう。

私が作業するときは、必ずスターバックスでソイラテを飲みながら、Appleの MacBookproを使います。

これは、私が仕事をする時の習慣であり、これらの商品に密着していることになります。

  • 消費者をよく知っている・・・私の好みを知っているあの店に

この3つのどれかを狙うことが差別化する上で大切だよ

差別化は何を選択するかが大切

3つの差別化戦略は大体理解出来たでしょうか?

ここで非常に重要になってくるのが、どの戦略を選択するかが大きな決断となります。

この軸に沿って経営の多くの要素が決まることになるということです。

間違ってはいけないのは、複数の軸を考えることです。これは必ず失敗につながります。

  1. 手軽軸を採用するなら、低価格で素早く作業を行う為、効率性が重要となり、素早い動きと声掛けが必要となります。
  2. 商品軸を採用するなら、画期的な商品を開発するエンジニアやスタッフが必要となります。さらに、組織の創造性を高める為、自由な雰囲気が必要となる為、効率性を考える面では難しいです。
  3. 密着軸を採用するなら、消費者の関係性を築いてその声を吸い上げる事が重要とされます。この場合、エンジニアが作りたいものを作るのではなく、消費者が欲しいものを作る事が優先とされる為、消費者との接点である営業部は非常に優秀でなければなりません。

このように、どの差別化戦略を採用するかということは、マーケティングはもちろん、人事・組織など、経営全体に関わる事が非常に重要な選択だという事が言えます。

また、よほどの大企業でも人やお金や物など、全ての経営資源は有限だということを忘れてはいけません。

だからこそ、経営資源は有効に使う必要があるのです。

その為には差別化戦略はどれか一つに絞り込み、集中リソースをす流ということです。

1番最悪なパターンは、全てを採用して、どれも中途半端に経営資源を使って、結局中途半端で終わってしまうということです。

なにで差別化をするか決めて、そこに経営資源を使っても、気をつけなければならない事があります。それは、ある軸に特化しても、他の軸でも平均以上の価値を提供しなければならないということです。

どんなに安くて早くても(手軽軸)味のひどい(商品軸)ラーメン屋には行かないでしょう。どんなに美味しくても(商品軸)、店員の態度が悪い(密着軸)店には行かないでしょう。

その為、どの軸でも一定の平均を行くことを忘れてはならないということです。

おわりに

マーケターになるためにはさまざまな知識が必要とされます。

しかし、マーケティングができるようになればどのような状況でも、自分1人で稼ぐ力が身についているということです。

例えば、副業を考えてYouTubeやブログを始めたとして、マーケティングスキルがある人とない人では圧倒的な差がひらきます。

ビジネスで要求されるのは確実にマーケティングなのです。

他の記事では、マーケティングに関する「ベネフィット(顧客の価値)」の説明や「ターゲットを決めるコツ」なども説明していますのでご覧ください。

【ベネフィット】マーケティングを学ぶなら知るべき知識!ベネフィットについて徹底解説
消費者にとっての価値とは何なのか? 商品を売れるようにするにはどうすればいいのか? 消費者には、商品を買う時どんな欲求が出るのか? この記事ではこのような疑問に答えています。 人生に光を!ヘルメスLI...
【マーケティング必須知識】どんな消費者の悩みを解決したいのかを知ればあなたの商品が売れる!「ターゲット」の選び方について徹底解説
どうすれば商品が売れるのか? どのようにターゲットを絞ればいいのか? ターゲットの悩みを知るためにはどうしたらいいのか? この記事では、このような疑問に答えています。 人生に光を!ヘルメス...

マーケティングを学ぶあなたの人生に光を!ではまた

コメント

タイトルとURLをコピーしました