【単純接触効果】モテたいなら知ってほしい!心理学者が教える魅力的だと思わせる方法

心理学

人生に光を!ヘルメスLIFEへようこそ。

モテたいけどなかなかモテないというあなたに向けて、本文では、心理学者が研究した異性に魅力的だと思わせる方法を解説しようと思います。

本文では、こんな疑問に答えています。

  • 相手に魅力的だと思わせるにはどうしたらいいのか?
  • 単純接触効果とはなんなのか?

なかなか難易度の高い相手に、自分が魅力的だと思ってもらうには容易なことではないでしょう。

しかし、心理学を勉強し、それを利用すればかなり難易度が下がり、むしろカンタンと思えてきます。

野球を上手になりたければ、しっかりと野球の練習をするように、人の心を掴むには心理学を勉強するのが一番有効なのです。

本文の内容は、以下のようになっています。

  • 相手に魅力的だと思わせる方法を教えます

最後までお楽しみ下さい。

スポンサーリンク

相手に魅力的だと思わせる方法

相手を魅力的だと思わせるには、心理学者が最も有効だと伝える「単純接触効果」を利用するのです。

単純接触効果とは、同じ顔を見れば見るほど、その人に好意を抱いてしまう心理法則です。

これは、別にアピールするわけでもなく単純に接触しているだけで絶大な効果を得られます。

「えっ!そんな単純にうまくいくの?」と思われがちですが、こんな実験もあります。

米国ペンシルベニア州にあるピッツバーグ大学のリチャード・モレランドは、4人女性のアシスタントを、「人格心理学」という受験コースに出席させました。

ただし、その女性たちは、他の生徒とは一切の接触を禁じていました。

「話しかけられても無視するように」と言われていたのです。

彼女たちは。一番前の席に座り、他の学生からその存在がよくわかるようになっていました。

ただし、4人は出席する回数が違っていました。

あるひとは0回、ある人は5回、ある人は10回、ある人は15回全部の講義に出席して、自分の顔を他の学生に見せていたのです。

コースが終了するとき、クラスの学生たちは、4人の女性アシスタントについて魅力を尋ねました。

その結果は、以下の通りです。

  • 0回  3.62
  • 5回  3.88
  • 10回  4.25
  • 15回  4.38

出席する回数が多いほど、つまり、顔を見られる頻度が多かった女性ほど、学生たちに「魅力的」だと好意を与えていることがわかったのです。

何回顔を見せるかによって、相手に感じさせる魅力に差が出るかどうかを調べる実験でしたから、外見的な魅力に差がないほとたちを選んだそうです。

ですが、結果の通り、頻繁に顔を見合わせる人ほど好印象を与えていたのです。

これは、営業の世界でも同じで、まめに顔を出す営業マンほど、たくさんお客を捕まえることができると言われています。

単純接触効果は、生活の至る所で活用すれば、自分のやりたいことを有利に運ぶことができます。

あなたも、好意を持っている異性がいるなら、ぜひ単純接触効果をご活用ください。

私の別の記事で、ドレス効果を活用した好印象を与える方法も解説していますので、そちらもご参考ください。

【モテたいなら知るべき方法】心理学者が伝えるドレス効果を利用した人に好印象を与える方法
ドレス効果とは? 人に好印象を与えるにはどうすればいいのか? この記事では、このような疑問に答えています。 人生に光を!ヘルメスLIFEへようこそ。 モテる男になるためにはどうすれ...

 

おわりに

どうでしたか?

別にトークスキルを身につけるわけでもなく、顔を合わせる頻度が高くなるだけで、好印象を持たれるというだけでも驚きですよね。

ただ、第一印象は、これで効果を挙げられますが、もっと深く仲良くなりたいと思われる方は、コミュニケーション力や相手の気持ちを知る努力も必要ですよね。

恋愛は、そういう面で難しいです。

少しでもあなたの生活の難易度が下げられる発信ができたことをご期待しています。

あなたの人生に光を!ではまた

コメント

タイトルとURLをコピーしました