【責任の拡散】知ったら面白い!心理学者が伝える都会の人が冷たくなる理由

心理学

人生に光を!ヘルメスLIFEへようこそ

私たちのイメージに、都会は冷たい人が多くて田舎は優しい人が多いって言われますよね。

けど。なんで都会の人は冷たく見えるのでしょうか?

それは、心理学を学べば見えてくることだったりするのです。

本文ではこんな疑問に答えています。

  • なぜ都会の人は冷たいのか?

この一点の疑問に対して詳しく説明します。

スポンサーリンク

都会の人が冷たい理由

実際に都会の人が冷たいわけではないのです。

冷たく振る舞ってしまう理由は、単純に「人が多すぎる」ことで人の心理は変わってくるのです。

都会の人だって、田舎の人と同じ温かい心は持っています。

では、なんで人が多すぎると不親切になってしまうのでしょうか?

その理由は、「わざわざ自分が助けなくても、ほかの人が助けるに違いない」と考えて住まうからなのです。

この心理現象を心理学では、「責任の拡散」と呼んでいます。

田舎では、そもそも人がいませんから、困っている人が見かけたら自分が助けてあげないと、その人が助からないかもしれません。

ほかに助ける人がいないと知った時に人は行動するのです。

カリフォルニア州立大学のポール・すコルニックは、ロサンゼルスの交通量が多い道路と、田舎町で車があまり通らない道路の両方で、男性、または女性アシスタントが路肩に車を止めて、援助を求めるという実験をしたことがあります。

その結果、交通量の多いところでは、助けてもらうまでに、23・49台が通り過ぎましたが、田舎町では助けてもらうまでに、2・56台しか通り過ぎませんでした。

この結果から見ると、都会の人はやっぱり冷たいぁと思うかもしれませんね。

田舎から、都会に出てきた時は「都会の人は冷たいから」というイメージを持っていて、色々と心配するかもしれませんが安心して下さい。

都会の人だって、田舎の人と同じ温かい心を持っているのですから。

おわりに

どうでしたか?

責任の拡散現象も面白い心理だと思いませんか?

心理学を学べば、世界の大きなの謎が理解できるかもしれませんね。

あなたもこの機会にぜひ心理学を学んでください。

あなたの人生に光を!ではまた

コメント

タイトルとURLをコピーしました