【ビール好きなら知って欲しい】心理学者が教えるプラシボ効果を利用したビールを美味しく飲む方法

心理学

人生に光を!ヘルメスLIFEへようこそ。

この記事を読んでくださってるということは、ビール好きってことですよね。

毎日の疲れた仕事終わりに、美味いビールを一気飲みするのは毎日の楽しみだと思います。

さらには、飯後、風呂後と、、

考えただけでストレス解消ですね。

その美味いビールを心理学を利用することによってさらに上手くなると知ればめっちゃ知りたくないですか?

今回は、

どうしたらビールを美味しく飲めるのか?

という疑問に答えます。

この記事を読み終える頃には、もう間違いなくビールが美味しくなっているはずです。

あなたの生活がより楽しいものになりますように、最後までご覧ください

スポンサーリンク

プラシボ効果ってなに?

ビールを美味しく飲むためには、プラシボ効果を利用するのです。

「プラシボ効果ってなんだよ?」って思いますよね。

プラシボ効果は、心理学でかなり有名で何度も実験を繰り返されているのですが、一言で言えば「思い込み」です。

こんな実験があります。

薬としての効果がない、薬と見せかけたなんらかの食べ物に「これは良い薬だから効くぞ」と病気の方に渡しました。

そうすると、薬の効果がないはずなのに、瞬く間に病気が治っていったのです。

つまり、思い込みの力によってその病気が治ってしまったのです。

人間の心理と体の関係って不思議ですよね。

また、エナジードリンクも「これは高いドリンクだから、効くはずだ」と単なる思い込みによって元気が出てくるケースもいくつかあります。

エナジードリンクは、価格によって成分が違うのはほとんどなくて、これはただの自己暗示をかけられていただけなのです。

この心理効果を利用すれば、ビールも美味しく飲めるはずなのです。

では、どのようにすれば良いのでしょう。

プラシボ効果によってビールを美味しく飲む方法

この方法は極めて単純で「高いビールだと思い込ませる」のです。

スタンフォード大学のダグラス・マッコーネルは、ビール愛飲者だけを60人集めて、二ヶ月にわたり3種類のビールを飲んでもらい、そのビールにそれぞれ点数をつけてもらいました。

ただし、そのビールの中身は全て同じで、ラベルに書かれた価格だけが違います。

さて、ビールの平均的な評価はどうなったでしょうか。

  • 毎日ビールを飲んで、美味しくないなら 0点
  • これはとても素晴らしいと感じるなら 4点

をつけてもらいました。

最終的な評価の平均は、価格だけが高いビールがダントツで美味しいと判定されたのです。

もう一度言います。中身は全て一緒ですよ。笑

ビールの愛飲者ばかりを集めたというのに、結局は価格が高いほど、高い点数をつけてしまったのです。

もし本当に「ビールの味がわかる」というなら、全て同じ得点をつけないといけないっていうのに。

このプラシボ効果を自分に利用するのです。奥さんにビールを買ってきてもらい、値段は安いのにあえて嘘の値段を言ってもらうとか。笑

あえて高めのビールを買うとか。

プラシボ効果はビールを美味しく飲めるだけでなく、他の料理も美味しく食べれます。

プラシボ効果を研究すれば、さらに充実した生活をおくれる知れませんね。

ここまで読んでくださってありがとうございます。

あなたの人生に光を!ではまた

コメント

タイトルとURLをコピーしました